世界で初めて開発されたED治療薬のバイアグラ

併用禁忌

バイアグラの効果を妨げるタバコ

バイアグラは血流を良くする効果を持つED治療薬になります。しかし、そんな薬を服用している時に喫煙をしてしまうとせっかく血流がよくなったものを妨げてしまうので、喫煙を控えるようにしましょう。

バイアグラの購入時に気をつけている事ランク

no.1

バイアグラの値段・費用

バイアグラは含有量によって薬自体の値段が変わります。また、処方して貰う病院によって再診料や初診料などが変わってくるのでそちらにかかる費用に気をつけている方が多いようです。

no.2

一回の使用で何錠飲んでいいのか

一回の使用でバイアグラをどれだけ飲んでいいのか気にされている方が多いです。また、一日に何錠までが使用可能かも気にしている方が多いのでランキングでは2位という結果になりました。

no.3

処方されるバイアグラの含有量

バイアグラの治療薬には含有量によってタイプが分かれています。含有量が多ければ多いほど効果も高くなるので、高い効果を求めるのであれば成分が多く含まれているタイプを処方して貰いましょう。

no.4

食べ物・飲み物での注意があるか

バイアグラと食べ物や飲み物の関係を気にされている方も多いです。食べ物に関しては特にありませんが、胃が空っぽの状態が効果が高いとされています。飲酒に関しても少量であれば問題ありません。

no.5

服用中の薬と影響があるのか

バイアグラなどのED治療薬では併用禁忌薬が複数存在しています。そのため、処方された時に事前に確認を取っておくべきでしょう。禁忌薬としては硫酸剤などが併用禁忌薬と指定されています。

バイアグラの処方までの流れを説明

予約を行いまずは受付から

電話などで予約を取り、来院した場合はまず受付からになります。また、病院によっては予約をしなくてもいい場合があるので、駆け込みでも問題ないです。しかし、混雑を避けるには予約をしていたほうがいいでしょう。

症状や要望の確認・問診票記入

自分がなぜこの病院に来たのかを医師に伝えるため問診票に記入が必要になります。この時にすでに服用している薬などがあれば、なるべく細かく記載しておくと医師にも伝わりやすくスムーズに進みます。

恥ずかしいことがない問診

バイアグラの処方を希望している事を医師に伝えると、簡単な問診を行います。この場合問診をする医師のほとんどが男性になるので、恥ずかしい思いをすることがありません。また男性器を見せることもないです。

問診が終われば処方箋の受け渡し

問診は血圧測定と簡単な質問で終わるため早く済みます。その後、待合室などで処方されたバイアグラを渡されれば完了となりますが、使用上の注意などをしっかりと聞くようにしましょう。

薬が切れて再度来院する時には

バイアグラが切れて再び処方して貰う場合には、医師に効果がどうだったかを伝えましょう。状況に応じて同じものを処方するのか、もう少し効果のあるものを処方するのかを判断しています。

世界初の治療薬バイアグラ

筋肉

バイアグラは世界初のED治療薬

バイアグラは1999年に日本で販売されたED治療薬になります。元々は狭心症の治療薬の開発から生まれた物ですが、このED治療薬のおかげで多くの男性のコンプレックスが解消されていきました。

バイアグラの持続時間と服用時間

バイアグラは一度服用すると約5時間程効果が持続するとされています。また、服用するタイミングは性行為の1時間前後にすると効果的とされていますが、なるべく空腹の状態で服用するようにしましょう。

バイアグラは勃起する薬ではない

バイアグラを含めた他のED治療薬も同じですが、決して勃起させる薬ではありません。血行を良くして勃起の継続時間を長くするための効果を持っている薬になるのです。くれぐれも用途を間違えないようにしましょう。

バイアグラの使用についての質問コーナー

バイアグラを使用するとHな気分になる?

バイアグラはED治療薬であって媚薬とは違います。しかし、バイアグラの副作用に動悸があるのでそのドキドキで気分が高揚することはあるようです。あくまでも勃起維持の効果として使用しましょう。

副作用の心配があって使用するのが不安です

副作用は基本どのような薬でも見られ、風邪薬でさえ眠気を覚えるものがあります。ただ、副作用は薬の効果が切れると共に症状も緩和していくので問題ないでしょう。心配であれば専門医に相談するのもいいですね。

バイアグラを使えば勃起を維持できますか?

バイアグラは血管は広げる効果で血行促進を行います。そのため勃起の維持もしやすくなります。しかし、その日の体調によって薬の効果が変わるので必ずという訳にはいかないでしょう。

将来EDにならないか心配です!どうすれば?

生活習慣の乱れは万病の元になります。EDもその一つに含まれるのでしっかりと食事を取り、睡眠時間も確保しておくといいでしょう。適度な運動も血流をよくしてくれるのでEDの予防に効果的です。

お酒と薬って一緒に飲んじゃダメですよね?

お酒の量にもよりますが、適量であれば気分の高揚と相まって相乗効果が期待されます。しかし、飲み過ぎてしまうと薬の効果が実感出来なくなってしまうので注意が必要になります。